世界基準の衛生管理

当院では世界標準に準じた消毒を行い、万全の体制で一人ひとりの治療にあたっております。どうぞご安心ください。
 
健康にみえる患者様でも、知らないうちにHIV・B型肝炎・C型肝炎などに感染していることも考えられます。歯科治療は血液や唾液に接触する処置がほとんどですから、滅菌していないハンドピースや器具を使い回せば、当然ながら重大な院内感染につながります。(歯科治療によるHIVの院内感染例もすでに報告されています)
 患者様に接した全てのハンドピース類を一人毎にクラスBオートクレーブで完全滅菌(※1)しております。また、滅菌できない素材のグローブや器具などは、使い捨てとしております。さらに使用した治療室やレントゲン室の機械、スイッチ類などを毎回消毒してから次の患者様の治療に当たっております。したがって、当院は完全予約制とさせていただいており、予約のない患者様をお断りさせて頂くことがあります。院内感染予防は、患者様の安全・安心を守る為に必要不可欠なことです。何卒、ご理解下さい。

 
 

当院で使用しているクラスB滅菌器

(※1)
クラスBオートクレーブ(滅菌器)とは、数回の真空と蒸気・加圧を繰り返すことで、全ての器具の完全滅菌ができる世界最高基準の滅菌器のことです。とくに 歯を削る器具のように複雑な構造の機械類は、クラスBオートクレーブを使わないと内部まで完全滅菌することができないと考えられています。したがって、図に示したように欧米はもちろん韓国や中国などのアジア諸国でも、ほぼ全ての歯科医院でクラスBオートクレーブが使用されているのです。しかし、日本での普及率はなんと2%と、アジア諸国の中でも相当遅れているのが現状です。クラスBオートクレーブが日本で普及しない理由として、ランニングコストがとても高いこと、そして法律で義務化されていないことなどが考えられます。

 
 

クラスB滅菌器の普及率

 

 
 
 

最先端医療