【ありす歯科医院】つくば市東の歯科医院、歯を残す、歯を抜かない治療・歯周病治療・根管治療・予防歯科・審美歯科・小児歯科・インプラント / 梅園・稲荷前・東・並木

             インプラントでお悩みのみなさまへ

「究極の安全性」を求めて

タイトルにもある通り「究極の安全性」を求めるために当院ではCTとサージカルガイドを使用しております。
 
 当院では、これまで治療後のトラブルはありませんでしたが、今後もこれを維持しつつ更に高い安全性を患者様に提供する必要がある事からCTとサージカルガイドを使用しております。
どんなに経験が有り優れた医師でも何か事象でインプラント埋入位置が1mmでもずれる事は想定出来ます。
3次元の画像(CT)を元に行った徹底した術前シミュレーションを行いサージカルガイドを用いる事で理想的な埋入を確実に行う事が実現出来ます。
インプラント治療時にCTやサージカルガイドを用いている歯科医院は、まだ非常に少ないのが現状です。しかし、より安全なインプラント治療を行うには必須だといえます。

 
 
 
 
 
究極の安全性 シロナ社の「SICAT」


サージカルガイド「SICAT」は、世界で最も有名なドイツ医療機器メーカーであるシロナ社で作られています。
 
従来のサージカルガイドは、お口の模型のみで作製しています。
しかしながら、インプラントを埋入するのは模型ではわからない顎の骨です。当然、骨の中には血管や神経が複雑に通っています。したがって、インプラントを埋める場所の骨形状、血管、神経などの状態を考慮したサージカルガイドでなければ、「ガイド」の意味がないことは容易に想像がつくことでしょう。
 
そこで当院ではCT画像を元に作製したデータ(インプラントを埋める位置をコンピューター上でシミュレーションします)をドイツのシロナ社に送っています。
シロナ社では、このデータを元に最新鋭の機械でサージカルガイドを作製します。
 
もちろん、患者様のお口の中はみなさん異なりますので、ただ注文して終わりという訳ではではありません。
より確実なサージカルガイド、より良いサージカルガイド作製のため何度かドイツとのやり取りを経てから完成させます。
 
やり取りの中でこちらからの注文、ドイツからのよりよい方法の提案などの意見交換も行います。
つまり世界規模の人間の目・知識を経て安全・確実なサージカルガイドが作製されるということです。
 
当院では、医療先進国ドイツで作成されている事を考慮しシロナ社の「SICAT」を使用しております。

来院からインプラント治療まで

 

 1  カウンセリング

 

 2  当医院でCT撮影※2

 ↓

   3  専用ソフトを用いてインプラント治療のシュミレーション 

 

 4  シュミレーションの結果と模型をドイツに送ります

 

 5  2~3週間でサージカルガイドが出来上がります

 

 6  サージカルガイドを使って安全なインプラント治療

 

こちらの作成の流れは医院側での作業でございます。
実際に患者様が行う事は院内でCT撮影をして頂き、型取りを行うだけでございます。
 
※2
安全性と正確性が求められるインプラント治療にはCTによる3次元診断は必須であり、いまや世界の常識となっています。近年それと相反しCTの被ばく量が問題視されていますが、当院はそれを解決した低被ばくCTを使用しています。

最先端医療